蛍窓談義

陋屋にて筆に花開かせんと欲する者の雑文の掃きだめと申すべきもの

3週間で合格できるFP3級

最近筆を執っていませんでした。

本業で月曜の朝一番に必要な書類を書くために土日を使うことになると、必然こちらには時間を割けなくなってしまうという現実。

お前さんの仕事の能力が低い、とか、もっと効率化したらいいじゃないか!というご指摘をいただきそうですが、全くその通りです。

もっと効率よくいいレポートを書けるようになりたいと思いますが、失敗をたくさん積み上げなければうまくいかないということなんでしょうね。

 

さて、今日は珍しく煽りタイトルですね。実際に秋にあったFP技能士試験を3週間の浅漬け勉強で合格したので、その方法を紹介したいと思います。

 

試験を受けるモチベーション

これといったモチベーションはなかったのですが、強いて言うならば社会人としての最低限の教養として「お金」の使い方があるのかなぁ、と思ったことでしょうかね。

会社で資格を取ったからといって評価されるわけではないという...ね(涙)

勉強方法

タイムスケジュール

今回の試験は、申し込んでからの時間に余裕があったので次のようなプランで行こうと思っていました。

  1. 教科書をしっかり読む
  2. 問題集を1周まわす
  3. 過去問を最後に2周まわす

はい。まともな勉強計画ですね!大学受験とかならこうでしょう。

 

社会人やってると実際にはそんなにうまくいかなかったわけです。

実際にやったことは次の通り。

  1. 申し込んでしばらくしてから異動して新たな仕事を覚えるために勉強できず
  2. 試験3週間前になって教科書はさらっと1週間で流し読み。
  3. 問題集を2週間で解く。
  4. 問題集を解くのと同時並行で過去問を解く。

見比べると…ひどい!完全に駆け込み乗車してなんとか目的地に到着したという感じ。

教科書

正直教科書はどれでもいいのですが、私はこの本で勉強しました。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

実際何がいいかというと、必要なことが網羅されているので、とりあえずよくわからないことが出てきたらこの本を調べる、というだけでどうにかなるのですよ。

細かい部分については実務で必要なのかもしれませんが、その時々で調べればいいこと。枝葉末節はスルーして本筋を抑えればOKということです。

問題集

問題集も何でもいいかなぁ…と思っていましたが、時間が足りないことに気づいた私は、最低限出来ればよいであろう、ということで、ジャケ買いしたのがこちらの問題集。 

史上最強のFP3級問題集18-19年版

史上最強のFP3級問題集18-19年版

 

確かに、必要なことは網羅されていましたが、1つの要素が1問しかないこともあり、記憶の定着には難しい部分もあったかもしれません。

私は、記憶に自信がないものはすべてチェックして確認するようにしていたので、試験前で必要なことをざっくり暗記するならこれがいいのかと。

出た回数順に重要なものをまとめた小冊子もついているので、赤シートをかぶせて必要なことを覚えているかどうかの確認が混雑した電車でも可能なのでその辺が便利でした。

過去問集

過去問は正直言ってネットで十分です。

私はこのサイトでやっていました。

(無料)FP3級の過去問を提供「解説あり」 - 脳に定着させて絶対合格

これを1周しておけばほとんどの問題が解けますし、不正解ならば解説も読めます。正解していても気になれば解説を読めばいいので、電車の中で気楽にやれます。

試験結果

こんな感じです。

 

f:id:barkeley_g:20181231105023j:plain

FP3級 試験結果



およそ全体的にほぼ覚えていることができたので、さして悪い点をとらずに済んだというところでしょうか?

この記事書いているときに、2級の申込みを忘れていたことを思い出したので、2019年の5月にでも受けようと思います。